« ジャンクなチューナーKENWOOD KT-2060その後。 | トップページ | ジャンクな任天堂wii。 »

2016年12月14日 (水)

ジャンクなチューナーKENWOOD KT-1100D部品交換。

 前回、動作するようになりましたがSTEREOインジケーターが点灯せず・FMのみ音量が小さい・ステレオ感が全くありませんでした。ear

テスターとコアドライバーのみで。

電圧を測っていくと、TP12~TP13の電圧が0.25Vもあります。±20mVなのでL12をコアドライバーで回すも変化なしです。

Img_7008

前回、部品交換してない電解コンデンサがありました。メイン基板からDET基板を外してコンデンサを調べると C19 6.3V 470μFがショートしていました。shine

Img_7079

L12を調整し、0VにするとSTEREO・モジュレーションインジケーターが点灯しました。happy01

結果、電解コンデンサ2個がショートでした。(電源入るが表示なし・音でず C115 35V 100μFショート→受信するがステレオ感なし→C19 6.3V 470μFショート)コチラは2,000円以下で購入しました。

オペアンプは同じ系列の低ひずみ4580DD・低雑音2068DDどちらがいいのだろう。

オーディオ回路における部品の選び方、使い方 | マルツオンライン

|

« ジャンクなチューナーKENWOOD KT-2060その後。 | トップページ | ジャンクな任天堂wii。 »

オーディオ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャンクなチューナーKENWOOD KT-2060その後。 | トップページ | ジャンクな任天堂wii。 »