« 録画番組を観るも。 | トップページ | ジャンクなチューナーKENWOOD KT-1100D部品交換。 »

2016年12月13日 (火)

ジャンクなチューナーKENWOOD KT-2060その後。

 一部のコンデンサは交換しましたがFM受信時、AUTOモードでSTEREOインジケーターが点灯していませんでした。ステレオ感もない。

Img_7073

測定機器等は持っていないのでテスター・コアドライバー(千石電商・セットで350円)のみで調整しました。

Img_7005

W98ジャンパ・・・5.6V、R190・R191(両方フロント側)・・・12V。実測3カ所ともほぼ同じでした。

TP4・90MHz受信時・・・8.3V・実測・・・8.2V、76MHz受信時・・・1.6V・実測・・・1.55V。受信時とありますがマニュアルで合わせてるだけです。

マニュアルで近くのFM局に合わせる。AUTOボタンを押す。

Img_7006

TP5~TP6の電圧が0Vになるように、L5とL6を調整。でSTEREO・TUNEDが点灯すればOK。アナログテスターで0Vです。

Img_7081

インジケーター点灯・ステレオ感もあります。調整後は思ってたよりもいい音です。happy01 コチラは980円でした。

ひろくんのホームページ KT-2060 を参考にしました。ありがとうございます。<(_ _)>

外観は高級感ないですが、現在販売されてるYAMAHAのチューナーよりも性能はいいですよ。

|

« 録画番組を観るも。 | トップページ | ジャンクなチューナーKENWOOD KT-1100D部品交換。 »

オーディオ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 録画番組を観るも。 | トップページ | ジャンクなチューナーKENWOOD KT-1100D部品交換。 »