« 久しぶりに和歌山線へ。 | トップページ | 今日は音楽ソフトを探しに行きましたが。 »

2018年11月 2日 (金)

ジャンクなカセットデッキ Technics RS-BX501。

 音楽ソフトを探しに行ったのですが。特に無く、ワンコイン(動作せず)だったので確保してみた。

Img_0924

ベルト切れと思ってたのですが違うようで。モーター2個(パワーアシスト付きで2モーター)とも動作しているよう。1個モーターが少ない気がするが・・・。

この時代のテクちゃんは小型のコンデンサが好きなようで。FFCケーブルは嫌いだな。

で、何やら部品がポロッと・・・。THE ENDか。そういえば少し前にスピーカーを探したときに付いてきたミニコンポが使えそう。

Img_0933

他メーカーなどの様にベルト駆動ならベルト交換で修理できるがこの系統の機種は、ほぼ無理だろう。

Img_0688

Img_0922

何でこのような構造なのか?白いギヤに被さるように変なギヤが付いている。

リール駆動兼、パワーアシスト用モーターギヤが閉じるときにかなり負担がかかるようで、このギヤも割れるのかもしれない・・・。代替のギヤ見つかるかな。(見つかっても今度は相手のギヤが壊れそう)

普通にオープン・クローズが手動だったらこんなことにはならない・・・。

Img_0928

性能はショボイがATCが付いてる。BIAS・EQ・LEVELを自動調整してくれる。約1分ほど。

案の定、90分テープ録音してしばらくすると開閉のたびにバキバキ音が。ダメだこりゃ。

Img_0951

マリーンのLP2枚をSONY HFにATCを利用し録音していい感じだったのに。

|

« 久しぶりに和歌山線へ。 | トップページ | 今日は音楽ソフトを探しに行きましたが。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久しぶりに和歌山線へ。 | トップページ | 今日は音楽ソフトを探しに行きましたが。 »