« ジャンクなアンプSONY TA-F333ESXⅡ。 | トップページ | 洗浄しなくていいレコードが届いた。 »

2020年7月12日 (日)

ジャンクなアンプSONY TA-F333ESXⅡその後①。

 部品が届いたので作業開始。

2ch化したAVアンプのセンターで使用されてた部品も使用。片chの2275・1186・2837・3514がショート、例の抵抗(12本)がオープンなど。

さてどうでしょう。片chずつ半田付けし確認。

Img_4206

グリーンランプが点灯したがオフセット電圧が高い。左右ともオフセット電圧が高く100mVオーバーで調整VRを回してもほとんど変化しない。

Img_4208

 左の音ガリはおそらくVRのグリスが解けてるのが原因だと思われる。

Img_4219

1186と2837は両chとも新品に交換、グリス除去・放熱シートに。

A・B基板の他の部品不良か。D809・B731は未交換なのでコレかも。電解コンデンサ・半固定抵抗も未交換なので次回交換してみよう。

 

| |

« ジャンクなアンプSONY TA-F333ESXⅡ。 | トップページ | 洗浄しなくていいレコードが届いた。 »

オーディオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャンクなアンプSONY TA-F333ESXⅡ。 | トップページ | 洗浄しなくていいレコードが届いた。 »