オーディオ

2020年3月29日 (日)

ジャンクなグラフィックイコライザー Victor SEA-M770。

 1件目の店舗で捕獲。反応しない・効果があるか分からない・外観はキズ等あるがフルサイズの機種が1,100円でした。

Img_4031

確認すると右側が反応したりしなかったりでVRのガリかな。

Img_4010

 効果がないとありましたがTechnics class AAのミニコンポに繋ぎ、確認すると効果がありました。

上の写真は効果なしの状態で効果ありにするにはボタンを押さないと。そのボタンのLEDが点灯します。

Img_4023

今年初のジャンク製品確保でした。レジ袋、破けない袋なら5円でも買うが。

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

18きっぷでリサイクルショップへ。

 さて駅近で行ける所に行きました。大阪南の方と京都の南の方に。隣県に行くのは1年半以上経ってるのでは?

Img_4012

1件目でフルサイズのグラフィックイコライザーとジャンクなレコードとCDに。

Img_4014

2件目はレコード1枚とジャンクCD・レコードクリーナーに。帰る時間があるので今回は2件だけに。

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

ジャンクなレコードプレーヤー SONY PS-5100その後①。

 ジャンクなレコードプレーヤーの部品取りのベルトを付けてみた。

Img_4085

ベルトは少し大きいがOKでした。ベルトが収まる所に付け逆さまにして外れなければOKだろう。

元々付いてたカートの接点が少し黒ずんでたので軽く磨く。アーム側の接点も消しゴム付き鉛筆や消しゴム付きのシャーペンの消しゴムで磨く。

Img_4086

アーム側はブロワやエアダスターでシュッと。

オートリターンが付いてる。回転数もOKで清掃・磨き・部品交換でよさそうです。数百円で聴けましたね。

あとはオリジナルのカート・シェルが手に入るかな。2本ともTechnics 270Cでシェルは形状が違うがTechnics製です。

| | コメント (0)

2020年3月20日 (金)

セカンドシステム。

 レコードラック(実際はレコードラックじゃない)を横に並べて設置してみた。このラックは最近見かけなくなった。3~4千円ほど。

・アンプ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・PIONEER A-Y55       1,080円。              

・スピーカー・・・・・・・・・・・・・・・SONY SS-CSE3       1,000円ほど。(CMT-SE3付属スピーカー)

・CD/DVDプレーヤー・・・・・・・SONY DVP-S707D   1,300円ほど。 

・レコードプレーヤー・・・・・・・SONY PS-3750        1,080円。

整備・修理部品代別だがすべてジャンク品で購入。回転系の製品は定期的に動作させないとね。

たまにアンプを入れ替えてみたり。

メインラック(ハヤミA-1217)のテレビ・レコーダー映像系機器を移動し、天板にレコードプレーヤー・アンプ・スピーカーなど配置しました。

昔の写真を見ると当時このラックにテレビ・プレステ2・AVアンプ・スピーカーセット・HDDレコーダーが設置されてた。

空いたスペースに何を設置しようかな。

それ以前になると写真を探さないとわかりませんね。縦型ラックはありましたが数十年前に処分してしまった。

テレビは2Kで十分で、4K・8Kとなると消費電力が上がります。

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

ジャンクなレコードプレーヤー SONY PS-3750。

 2018年、年明けに確保していた1,080円のカート・シェル無しレコードプレーヤーでした。

25V2200μFのチューブラ以外のコンデンサ・RCAコード交換済みで後日、カート・シェル付き・針無しを840円で確保してました。

Img_3966

2019年の年末に動作しないレコードプレーヤー(カート・シェル・針付き)550円を確保し針をこのカートリッジに付け確認しました。

Img_3967

 オートリターンは付いてないので。

Img_3975

バッチリでございます。交換部品代も数百円で1,080+840+550=2,470円で。さて置く場所が・・・。

アンプはSANSUI AU-D607X DECADE・スピーカーはSONY SS-CSE3(ミニコンポ付属のスピーカー) で。この時代のアンプのフォノイコが良いです。

| | コメント (0)

2020年2月22日 (土)

ジャンクなレコードプレーヤー SONY PS-5100。

 久しぶりのジャンク品確保だろうか。Technics のカート・シェル付き・針付き・60Hz仕様・動作せずが550円で。

Img_3965

おそらくベルト切れだろうと帰ってから見てみるとベルト無しで輸送用のネジが3ヶ所のうち2ヶ所が締まったままでした。

手で動かしてみると動作するようでベルトは長さ600mm前後ではないでしょうか。ナガオカのB-30・B-29ぐらいで。

Img_3970

目的はコチラのほうで針は使用できそうです。右側が以前、針無しを840円で確保したもの。

Img_3971_20200101181501

 左右逆ですが。

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

ジャンクなアンプ SANSUI AU-D607X DECADEその後①。

 代替のVRを探していたのですが保管中のジャンク品の中から見つかりました。

昔の一体型コンポのVRが使えそうでした。アルプス100kΩx2平軸モーター付き。写真撮り忘れ。

Img_2305

絞ってもRch側500Ω程あります。

Img_2328

もう1つ見つかりましたが平軸が反対についてる・・・。よくVRのカバーが取れてるのがあり反対につければいいのですが。

基盤のピッチが合わないのでVRに直接半田付け。コレでバランスVR真ん中でOKになりました。

Img_3726

あと気になるのが電源基板からの灰色・黄色(UTSJの間にあるコネクター)の電圧が-41.1V・+38.8Vと。聴いた感じは分からないがしばらく様子みてみよう。

Img_3724

電源基板のコンデンサ(KZ・KT)・ツェナーダイオード・C1845・RB-152は交換済み。あとダイオード(mR3・mR4コレが原因か?)・A763・C1826だが?

ではまた。

 

| | コメント (0)

2019年12月12日 (木)

ジャンクなAVアンプ YAMAHA AX-V765その後②。

 足りない部品があったので大阪日本橋へ。

Img_3752

 日ケミ SMG 25V/3300μF 25V/2200μFを高さ・ピッチ制限があるのでFWへ。

Img_3755

整流ダイオードは放熱板付きのD6SBN20でした。FR/FLのASF 100V/10μFをKZ 100V/10μFへ。SBR/SBLの50V10μFをKZ 100V10μFへ。

電源平滑用コンデンサの高さ確認を忘れたので容量UPはしてない。6,800μF→12,000μFの予定でした。

Img_3753

50V47μF・35V10μFをFGへ・トランジスタ固定ネジを銅ネジへ。

Img_3756

ポン付けのフォノイコのコンデンサも交換。

Img_3833

新しい学習リモコンで細かい設定が出来るようになりました。サラウンド系はラージ設定・バイアンプ設定・スピーカー4本で聴いとります。

バイアンプ設定にするとマニュアル設定画面でSB設定画面は出てきません。

バイアンプ(SBLR)にSONY SS-B1000をバイアンプ(FLR)にジャンクなミニコンポに付いてきたパナのSB-HD7で。(SB-HD7の上にSS-B1000を)

手ごろなスピーカーにバイワイヤリング仕様のスピーカーが無いのはそういうことだろう。スピーカー端子追加・内部配線追加・短絡端子追加だけなのに。

DENON AVC-2808(リレーの清掃が必要のようです。) より消費電力が少ないのでコチラを使うのが多くなるかも。

| | コメント (0)

2019年12月 6日 (金)

ジャンクなAVアンプKENWOOD KA-V9500その後③。

 コレもしばらくそのままでしたがこの部分のコンデンサを交換。

Img_3142

あのポン付けのフォノイコでもいいけど、どうしますかねえ。あのジャンク品を購入するしかないかな。VRも換えたいので。

最後に購入したジャンクなAV機器はSONY BDP-S370だったかな。それ以降はレコードやCDなど。やはり関西は玉数が少ないか。隣県のショップも行かなくなったしね。

 

| | コメント (0)

2019年11月30日 (土)

AVアンプのリモコン。

 ネットなどで販売されてるがリサイクルショップ等で見かけたことがない。とあるスーパーで在庫処分の30%OFFのシールが。ネットや家電量販店よりスーパーの在庫処分などで安い製品がある。

Img_3649

 

Img_3643

ジャンクで購入したAVアンプより後に発売された学習リモコンです。(4070)

P1010825

サラウンド系のスピーカーをラージ設定に変更・HDMIコントロールなどOFF・バイアンプに設定に。

YAMAHAって何故STANDBYボタンなんだろう。学習リモコンはSTANDBYに対応してないので学習させるか手動で電源OFFです。

あとはAVアンプの部品交換です。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧